トラブル斬らー!サムライ行政書士
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判傍聴
前々から、民事でも刑事でも一度裁判を傍聴しに行きたいと思っていたのだが、なかなかきっかけがない。(デートで行く人もいるようだが・・)
先日、先輩行政書士に声をかけて頂いたので「是非!」と本日一緒に行ってきました。目的の裁判は何やら分らんうちに「じゃ次は○月○日で」と終わったので、ついでにその次の裁判も傍聴していくことにした。こちらは証人審問で、なかなか濃い内容であった。1時間40分くらいにわたって原告側、被告側からの質問にひとりで次々答えさせられるのを見ていると、「これはけっこうキツイなぁ・・・」と思った。聞いているとこちらまで涙が出てくるような内容もあり。

20070528185142.jpg


初めての裁判傍聴であったが、なかなか良い経験をさせてもらえた。
自転車でスグの場所にあるのに今まで気づかなかったけど。
せっかく裁判所に来たので競売物件の資料を閲覧して帰った。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

向かって左側が原告(代理人)、右側が被告(代理人)、正面手前が証人。
【2007/05/28 19:08】 URL | まぇけん. #- [ 編集]


お疲れ様です。
詳しくは松浦先生から資料等貰ってください。
本日の本件の(松浦先生の件)やり取りを少し解説すると原告の弁護士は後遺障害逸失利益の労働喪失率と労働喪失期間を通常より減じて主張をしていたのでその根拠を聴かれたのです。
そこで原告弁護士は寄与率等を考慮してふにゃふにゃふにゃと回答し
裁判官よりでも貴方は後で寄与率で減額をしてるのではと突っ込まれていたのです。
つまり原告馬鹿弁護士は後遺障害の逸失利益の計算時に通常より減じた労働喪失率と労働喪失期間を主張した上で更に(体質等を理由に)寄与度30%程度(つまり70%減額)と二重に寄与度による減額を主張したという事です。
追伸
ZARDの坂井泉水さんインターネット上で最新のニュースで確認したとこと飛び降りた形跡あり、自殺事故の両面で捜査中との事。
(メール時にはまだ自殺の可能性を示唆する記事はなかった)
【2007/05/28 19:53】 URL | hiro #- [ 編集]


hiroさま>
昨日はあいがとうございます。
そうですね、相手の弁護士、なんやら根拠のありそななさそなことを
ふにゃふにゃ言ってましたね。
交通事故被害にあってる方をさらに苦しめているような現実を見せつけられると、力になってあげなくては!!なんて思えてきますよね。

(注:最初の(目的の)裁判の話。絵はその次の裁判(証人審問)の様子)
【2007/05/29 14:48】 URL | まぇけん. #- [ 編集]


僕、証人したことあります・・・。相続絡みの件で。
かなりだるかった。特に、弁護士がえらそうで・・・。
どっちが勝ったかまではどうでもよくなったので、判決までは行かなかったですが。
【2007/05/29 21:26】 URL | #- [ 編集]


(名無しさま)

証人したことあるんですか。なかなか貴重な経験ですね。
「かなりだるかった」というのもなんとなくわかります・・・
弁護士の質問に答えるのもプレッシャーかかるんでしょうね。
どうも、おつかれ様でした、
【2007/05/31 20:11】 URL | まぇけん. #- [ 編集]

こんばんは
まえけんさん、こんばんは。

裁判員制度で選ばれる可能性もありますから、一度勉強してみたいですね。
【2007/06/22 18:51】 URL | 大阪@開業社労士 #- [ 編集]


大阪@開業社労士 さま>

すみません、長いことコメントを見落としておりました・・・(^^;)
そうそう、裁判員制度ね。
ぼくは、どぉーーーも、アレはうまく機能しないような気がして
否定的なんですけどねぇ・・・(笑)
正義感や使命感のない方々にも裁かれるのはちょっと。
自分が選ばれたら・・・自分が他人の善悪をどうのこうの判断
できるのか、難しいです。(おもしろそうだけど、やりたくない(苦笑))
【2007/07/05 17:09】 URL | まぇけん. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://samuraiscrivener.blog77.fc2.com/tb.php/13-d25f86b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。